2014年 12月 07日

PEAK

届きました! 今夜の肴が。
e0169138_12422015.jpg





PEAKのロータリーバイスです。

今までダイナキング使ってましたが、廉価版ロータリーモデルのトレッカーが使いにくいのでPEAKに乗り換え。
(ただ、何台かバイスがあるといろいろできるので、ダイナも使ってはいきます)

まずは、一番気になるジョー周り。
e0169138_12474119.jpg

なんかこのソリッドな感じが好み。すっきりしてて使いやすそう。

これはスタンダードジョー。
e0169138_12491785.jpg

三角錐です。普段最も巻く#10~4にはこれでしょう。

ダイナと違ってジョーには溝が切ってありません。フラットです。
e0169138_125177.jpg


オプションのソルトウォータージョーとの比較です。
e0169138_12515688.jpg

手で持ってる丸いのがソルトウォータージョー。丸いです。こっちのほうがストロークが短くて剛性が高く、ホールド面積も大きいので大型フックをがっちり掴めます。

いつも良く使うフックを挟んでみます。
e0169138_12541093.jpg

環付きチヌの4号。もちろん問題なし。

試しにスタンダードジョーで大型フックも。
e0169138_1255994.jpg

ソルト用3/0クラスも問題なし。つまりほとんどスタンダードで出来ちゃいそう。でも大型フックの頻度が高ければソルトウォータージョーがやはりおススメかと。

その他の部分も。
e0169138_12582856.jpg

レバーはフラット形状で非常に使いやすいです。ダイナ・トレッカーのレバーは角型で痛かった。

ジョーの出を調整するのはこの6角ナット。
e0169138_12592790.jpg

初期型はチェッカリング仕様だったみたいですが。普通に使いやすいです。調整幅もあります。感覚は何本か巻けば慣れるでしょう。

これはロータリーオプションのD-Arm。
e0169138_1305547.jpg

無くても良いですが、あると便利です。

バイスシャフトの延長パーツ。
e0169138_1334745.jpg

より高い位置でタイイングできるようになります。実はこれがすごく欲しかった。個人的には目の高さに近いほうがやりやすいと思ってました。ブラス製で重いので、よりバイスが安定します。剛性も落ちません。

これはアクセサリーシャフト。
e0169138_1372272.jpg

ぺディスタイルベースには3箇所に穴が開いており、メインのバイス用シャフト以外にも2本のシャフトの装着でき、機能の拡張が可能です。まだ何も付けてませんが、今後はツールホルダーなどが追加される予定です。

そして白くまぶしいぺディスタイルベース。
e0169138_1395998.jpg

デカイです。重いです。安定感抜群。白は小さなフックやマテリアルも見やすくて良いですね。

ボビンレスト。
e0169138_13115289.jpg

PEAKのロゴマークになってます。本体のどこにもロゴが無いと思ってたらこんなところに。

そして当然テンション上がってしまったので巻いちゃいます。
まずはスタンダードジョーでいつもの奴。
e0169138_13142457.jpg

e0169138_13144317.jpg

獣毛をムギュギュと絞っても安心感あります。しっとり&がっちりなホールド感。
ジョー周りがすっきりなので、キールフライのタイイングでも違和感なし。

ハイ、出来ました、Brussy Slider#4です。
e0169138_13164356.jpg

e0169138_13173069.jpg

目玉はUVレジンを積層してリアルに。


お次はソルトウォータージョーで4/0クラスを。
e0169138_13193840.jpg

全く不安感ないホールド。
e0169138_1320748.jpg

絞っても平気。
e0169138_13202252.jpg

無理矢理やっつけちゃいましたが...一応大型トレバリー用のシャッド。
脂たっぷりのラクーンテールを大量に乗せてフレアし、表面をシリコンコートしたのでガッツリ浮きます。


てな感じです。
現状これといった欠点も不満も無く、価格はダイナ廉価版と同じくらいなのでとってもコスパに優れていると思います。
今回は無かったですが、オプションのクランプも評判だとか。早く手に入れてはさみたい~、ああ、はさみたい。
[PR]

by tpbum | 2014-12-07 13:30 | Gear


<< PEAK ライトチューン      魔改造 >>