tropic BUM

tpbum.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 22日

Peak Conversion Head #3 (Jurassic Rotary Vise)

PeakのNewアイテム!
e0169138_2133917.jpg

コンバージョンヘッド#3でございます。




Peak ViseにはJurassicシリーズっていう巨大フライや大型アシストフック用のモデルがあるんですが、より小さいサイズに対応した#2と#3モデルが追加されまして。
すでにスタンダードジョーやSWジョーを持ってるので、ヘッドだけ交換できるコンバージョンモデルを導入。
今回は最も小さい#3モデル。

では早速、交換してみますか~
e0169138_21363860.jpg

アームの根元の六角ボルトに付属のレンチを差し込んで緩めると、ヘッドのシャフトが抜けます。

e0169138_21384040.jpg

コンバージョンヘッドを差込み、

e0169138_2139910.jpg

またアームを入れて、六角ボルトを締め直すだけ。簡単です。


実際にフックを挟んでみます。
e0169138_2142135.jpg

ノブを緩めると、先っちょに穴開いてるパーツが見えます。ここにフックを差し込んで、

e0169138_21451532.jpg

好きな角度にフックを調整して、

e0169138_21453995.jpg

ノブを軽く締めれば、ガッチガチに固定完了。

コレ、恐ろしく止まります。動きません。ビクともしません、スゴイ。

単純な構造ですが、良く考えられています。コレならスレッドをどれだけ締めこんでもフックは動きませんね。

いろんなサイズを乗せてみましょうか。

e0169138_21491674.jpg

まずは#4/0(たぶんがまかつのSL12S)。バッチリです。このサイズのためのジョーと言っても良いかも。

e0169138_21503743.jpg

次いで#1/0。これでも良い感じ。

e0169138_21514040.jpg

今度は#4。見た目はちょっとバランス悪そうですが、巻くのにそれほど違和感は感じません。

e0169138_21522515.jpg

最後は極端な環チヌ2号。さすがに無理があります。ベンドのRがきついので安定しません。ていうか安定するまで締めると曲がるか折れそうです。

実用的には#4以上がお勧めかも。最小サイズとはいってもやはりジュラシック。

おっと、なんか調整できそうな箇所があります。
e0169138_21542433.jpg

これも付属のレンチで緩めると、

e0169138_21545081.jpg

ちょっと下がりました。

e0169138_2155143.jpg

めっちゃ上がりました。

ここでも好きなような角度を選べるようです。ごついけど微調整できるってか。

まだマトモに巻いてはいませんが、結構気に入りました。
とりあえずフライだけで言えばこの#3だけで十分です。#2以上はアシストフックとか巻くヒト向けですか。
固定力が半端ありません。強さでいえばダイナかと思ってましたが、こっちの方がはるかに上です。
ジョー周りのパーツの分厚さがすごいのですが、調整が大雑把とかアクションが硬くて指が痛いとかは全くありません。良く出来ています。

これでアホがアホみたいにスレッド締め上げて、アホな毛鉤巻けますワ。
[PR]

by tpbum | 2016-04-22 22:10 | Gear


<< 海賊の島      EDGE >>