2016年 05月 30日

時差ボケ

e0169138_22392151.jpg

1ヶ月も13時間の時差があるところにいますと...半端なく時差ボケが激しいです。
結構気をつけて帰国したのに全く効果なし。
丑三つ時に起床し、夜8時に気絶する毎日...
無理矢理飲み会ぶっこんだりしてなんとか2時間ズレまで持ってきました。
朝5時起床になったので、このままいこうと思いマス。

戻ってきてやっとの週末。





e0169138_22435626.jpg

とりあえずのチヌ。適当な釣り方でも釣れちゃうありがたいシーズンです。
しかし、大きいと思って測ったら40cmしか無かった... いろいろ矯正が必要です。

そして、良い時合いになったころ、狙いを変え。
ティペットを12lbから20lbへ。フライもちょっと重いものに。

何度か”ヤツラ”の魚影にキャストするもののチェイスが少しあるだけ。

めげずにやり続けてると、数匹が同時にテイリングする大チャンス!
テイリングした付近に投げ、2、3回ストリップすると、根掛り...

と、思いきや!

いきなり根掛りが走り出した!

合わせる間もない!

ドババ!とサカナが暴れ、でかいヒレが見えた!

オニヒラ! しかもでかい。

一瞬のうちにバッキングが飛び出て行く。

慌ててドラグを締めると今度は沖へ向かってぶっ飛んでいく。

かなりバットが強いCCGLXの8番がアホみたいにひん曲がる。

サカナを追いかけながらラインを回収するが、すぐに出される。

思いっきり竿をためるとサカナは止まるが、なんか様子見みたいで、すぐに余裕のトルクで走り出す。

70cmまでならなんとか止めれたし、去年は7番ロッドでも獲れた。しかしコイツは桁が違う。

バッキングを回収し、フライラインのエンドをリールに入れてもすぐ出される。

サカナを追いかけるしか距離を縮める術はないが、もうすでに腹までウェーディングしている状態。

これ以上進めば横に動くことができなくなるし、まだ全く弱る気配も無い。

なにより、時間を掛けるとストラクチャーに摺られたり、歯によるスレで切れやすくなる。

よし、勝負!と思った瞬間...

・・・フワッと弛むフライライン・・・



20lbのフロロがすっぱり切れておりました。おそらく歯によるブレイク...呑まれていたらしい。

デカかった。80cmはあったんじゃないかと思う。が、魚体を測り見ることも出来なかった。



しばらく呆けてたけど、気を取り直してティペットを交換して、再チャレンジ。

また何度かアプローチに失敗する。
いつもよりフライを小型にしているせいか、サカナが見つけにくい印象。食わせやすいけど、見つけてもらうにはキャストの正確さが要求される...

やっとこさ、また掛けることが出来た。
今度もストライク直後から走り出したが、それほどでもない。
ドラグを少し締めると向きを変えた。走る向きをコントロールすること数回。
一気に寄せてハンドランディング。
e0169138_2351425.jpg

e0169138_2352730.jpg

60cmくらい。(まだいっぱいサカナが居たので時間節約で測らずリリース)

困ったことに最初のヤツのせいで全く感動が無い...とりあえず少しだけ溜飲が下がっただけ。
贅沢はいけませんね。

このあと、チヌを1枚追加して終了。

タックル:

G.Loomis CCGLX 9ft8weight + Abel Super7/8N
SA Cleartip Saltwater WF8F/I + Seaguar Ace 20lbs
フライ: オポッサムシュリンプ#6 タン





んで、明けて翌日、リベンジです(笑)

今度はCCGLX9番にAbel B.G.3Nに9番ライン、ティペットはフロロ25lb通し(爆)

気合とは裏腹に風が強くて視認が非常に難しい。まともにバイトさせれないまま日没寸前。
いつものタンカラーのフライから、見やすいのではという思いでオールオレンジのフライにチェンジ。
そして19時ジャスト。

目の前でテイリング!

すかさず投げる!

すぐにバイト!

手元にドスッと重い感触が伝わった瞬間、ガバガバ水面を荒らしたあと、一気に沖へ。

あらかじめかなりのテンションにセットしてあったAbelをものともせず、ラインが飛び出ていく。

これは昨日のヤツと同クラス!

もたつく足で追いかけながら距離を縮めようとするが、全く間に合わないスピード。

ドラグを1ラッチだけ締める。

ロッドを立てようとするが、テンションが強くてほぼノサれた状態。

まるで獲れる気がしない、と思った瞬間...

またもやうなだれるフライライン...


ドラグ締めすぎか?

フロロ25lbは真ん中からブレイクしておりました...貝に触れた可能性もありますが...



ティペットを交換したら辺りはすでに薄暗く。

チヌがテイリングしたので軽い気持ちで投げると、一発でバイト!

25lbティペットです(笑)

9番ロッドだし、と適当に寄せると...ポロリ...

ダメなときはこんなもんですね。

e0169138_23233047.jpg

出直します。
[PR]

by tpbum | 2016-05-30 23:26 | Flat


<< 梅雨明け      Pioneer >>