tropic BUM

tpbum.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 01日

千客万来

e0169138_20224903.jpg
最初は自宅前のポイントへ。
しかしあまり良い感じではない。魚いるけど、なんか違う。まー、釣れるのわかってる場所だし無理してやること無い。なので、開拓中のポイントにすぐ移動。

が、ここもまるで魚っ気なし。写真のようにかなり良さ気なんですが... 刻々と上げてくる潮。ざっと回って見てやっぱり魚いないの確認して次へ。





e0169138_20231799.jpg
ここは河口絡みの砂地とゴロタが混じったところ。
すぐには魚見つけれなかったけど、しばらくするといくつかチラホラ。チョイ濁り気味なのでちょっと難しい。

一番手前のヤツに照準を合わせて投げようとすると、遠くから青い大きな影がふたつ。オニヒラのクルージング!
ちょうど良い具合に射程範囲に入ったので、進行方向にキャスト!
良い感じに決まって、リトリーブ開始すると2匹とも見に来た。
ちょっと6番ロッドと10lbティペット直結では怖いサイズだけど、ここまで来たら腹をくくる。

オニヒラが捕食モードに入ったところで、ググッと感触。よし来た!とストリップでバンバン合わせると首振る間隔!
やった! 食った!


ん?



2匹とも首振ってないし・・・



なんかオニヒラの前で銀色のなにかが首振ってる...



ええ~~~~! ここに来てチヌ! しかもガッツリフッキング! 横取りしようとオニヒラが後を追いかけまわすけど、こういうときに限って外れやしねぇ(笑)

ままま、チヌ釣りに来てるんで文句は言えないんですけどね...

e0169138_20225847.jpg

体高があってプリプリしてましたよ。んもう。


e0169138_20230744.jpg
フライは何がなんやらわかりにくいですが、ここんところ大変調子が良いフライ。恐ろしく使いやすいし魚に大好評。難を言えばあまりにタイイング簡単すぎて商品化するのに躊躇われること(笑)



さて、気を取り直してちゃんとチヌを狙うと、今度は掛かってもバレやがる...2つほどバラして、沖から差してくる大型狙いに切り替え。
すると...


なんかトレバリーっぽいのが2~3匹ふらふらとやってくる。



すかさず投げてキャスト決まるけど、ちょっと見るだけで追わない。何だアレ? と思った瞬間。


心臓がバクン


なんかグレーのボディに茶色い長い尾びれと背びれ...


もう一回震える手で投げる。またフライ見てやめる...


あれは、まさに...


マルコバン様!


見舞え違いようがないです。最後には7~8m手前までやってきて去っていきました。2つほど釣ったことあるし、遭遇やラインブレイク、当たりのみは数知れず。
しかし今回は3匹以上いました。しかも程好い50cmクラス。6番でもなんとか勝負できそう。ええポイント見つけたわ~、グフフ。




と、余韻に浸っていると、なにやらバシャッと水しぶきを上げてテイリング。良く見れば今度はゴマモン様!


もちろん、当然のようにフライを投げ入れるも気付いてくれない...これは目の悪いゴマモン様なので、大きなフライに変えるしかない!

慌ててちょっと大き目のオレンジのクラブフライにチェンジ。結んでる最中も目の前で繰り返されるテイリング。

ようやく結び終えて、慎重にキャスト! 一発で決まった! 捕食活動に夢中な魚の真上!

どびゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!


...スプークしよった...誰だ目が悪いなんて言ったやつは。


その後もサメや正体不明のシルバーの細長いミルクフィッシュっぽいやつ、ブダイの群れとか入れ替わり立ち代り。なんて忙しいポイントなんざんしょ。



最後は
e0169138_20232633.jpg
ウミガメが港の中にポカーンと浮いてました。ガッデム。





[PR]

by tpbum | 2017-07-01 20:53 | Flat


<< 2日連続      大台 >>